LINK ROOT > HOME > BLOG

ブログ / BLOG

ひびが入った間知石擁壁の強度について

Q:間知石でできた擁壁について相談いたします。

購入を検討している土地は周囲に高低差があります。(3Mほど)

擁壁の目地に数カ所ヒビが入っており、場所によっては隙間から雑草が

生えてます。大きなヒビは上から下までつながってます。

敷地は宅地造成してから35年ほど経っております。

土地周辺の地盤は強固、敷地自体は役所で調べたところ、

切土造成です。

目地を補修し強度を保つことは可能でしょうか。

その場合は費用はどのくらいかかりますか。

またこういう症状がある場合、本来の強度を失っていますでしょうか。

教えていただきたく、よろしくお願いいたします。

<建築家紹介センター>

A:理想の家造りは進まれていらっしゃるでしょうか?

間地石について一般の建築家もコンサル業務として対応できますが、

土木コンサルタントや土木設計・構造設計を得意とする

建築エンジニアへの依頼が適当と思われます。

間地石のある敷地について長い間悩まれていらっしゃるので、

住宅の設計とは別に、敷地についての調査業務をご依頼なさって

みるのも一案だと思います。

— posted by 建築KASHI(Y)O! at 11:22 am  

温めて冷たい!...?

食事後、妻がアイスを食べたいというので、R-ソンに行った。

レジに2個のアイスを持っていくと、店員さんに、

『温めますか?』と言われて、妻と2人で『???、、、』。

妻は知らんプリを決め込んだ様だったので、

『結構です。』と言葉を濁し、会計を済ませた。

車中で『何と間違ったのか?』、『手に取ったのに、、』と言い合い、

フタを見ると、“あたためて出会うつめたさ”と書いてあった!

単に、世の中から取り残されていく中年カップルでした。

チャンチャン。

2011年から発売【ウチカフェフラッペ】

— posted by ヒロ☆カシオ at 12:00 pm  

ちょっとした雑草

Q:家を囲む様にコの字型に隙間(土地?)があります。

ちょぼちょぼと雑草があり時より抜いてはいるのですが

やはり雑草抜きは面倒・・。

そこでシートを敷きその上から石を引き詰めようかと検討してます。

その場合、雑草は生えてくることはないのでしょうか?

また、シートや石はどんなものがあるのか教えてください。

≪fevecasa≫

A:【程度の問題】

シートを敷きその上に石を敷き詰めても雑草は生えています。

(極端に言えば石の上にも生えます。⇒『石の上にも三年』)

屋上緑化等でシートを敷くのは、根によって建物が

傷まないようにする為であり、雑草が生えないように

する為では有りません。

また、植物が育たない環境は、日光があたるかどうかよりも

水分があるかどうかが重要です。夜露を含めて水分が無いと

土中の養分も吸い上げることができませんので植物は

育ちません。

風通しを一日中よくして(もしくは乾燥させて)、庇屋根を

設置すると雑草は生えません。

あとは、雑草抜きの手間と、コストとの比較になりますが。

住宅にメンテナンスフリーはありませんので、

メンテしやすさを考えた家造りをお薦めします。

— posted by 建築KASHI(Y)O! at 10:24 am  

ASJ南薩イベント【第5回建築家展】

2014052618133200001

2014052618133200002

— posted by 建築KASHI(Y)O! at 11:00 am  

「Designing Complexity」          豊田啓介さん(noiz architects)講演会

日本建築学会九州支部鹿児島支所の特別講演として行なわれた、

「Designing Complexity」豊田啓介さん(noiz architects)講演会に

参加させて頂きました。

以下、詳細は後日加筆させて頂きます。


20140517-1
鹿児島建設新聞 掲載記事

講演会終了後は、懇親会に参加させて頂き、講演内容だけではなく、

建築について深く語り合い、大いに盛り上がりました。


P1040384

— posted by 建築KASHI(Y)O! at 03:00 pm  

このページのTOPに戻る