LINK ROOT > HOME > BLOG

ブログ / BLOG

おぎおんさぁ2014

2年ぶりに『おぎおんさぁ』で七番神輿を担がせて頂きました。

悪疫退散、商売繁盛の祈願しました。

日焼け止めを塗り忘れて、鉢巻・木札・〆込み・地下足袋以外の部分は

火傷の様に真っ赤かのヒリヒリ状態です(涙)

きっと、いいことがあるはずです!

お見苦しい体で恐縮ですが、、、


IMG7506
今年は新・四代目頭柳原さんの思いで  “生木”の担ぎ棒でした。

IMG6059
ダイエットしなきゃ・・・やばい!

— posted by Hiro “Fatty” Cascio at 10:00 am  

久しぶりの定番店<熊本>

コンペを含め、設計業務が立て込んでいますが、、、

出張のついでに、私の定番店へ行きました。

福岡なら、カレー⇒ツナパハ(周囲にお薦めする程ではなくなった)、

タージLink で、ラーメン⇒赤のれんLinkだるまLink ですが、

熊本では、やはりカレー⇒スリランカくまもと、ラーメン⇒黒亭です。

※参考としてLink

特にカレーは、地元(エスニック)感が無い少々首を傾げたくなる

バングラディッシュ・カレーを頂き、本物に渇望していましたので、

めちゃ旨かった!!!!!!!!


DSC03541
スリランカカレー・リアルレッド

黒亭はブーム?が去ったのか、旧店舗時代を含めて私が来店した中で

一番お客が少なかった。

いつもと比べて塩気が少なく、いつも以上に美味しく感じました。

ただ、よく混ぜたつもりでしたが、スープを飲みきると底に塩が

結構量溜まっていました。。。これがまた食べたくなる味の秘訣なんですが

— posted by Hiro “Fatty” Cascio at 01:30 pm  

直通階段

Q:福岡市の準防火区域にたつ鉄筋コンクリート4階だての建物です。

1階は駐車場、2階は医院、3,4階が居住部分です。4階から1階までは、

防火扉で各階フロアーと仕切られた屋内階段があります。屋内階段で

でたところは駐車場で、医院休診日はシャッターがおりているので、

さらに通用口を通って道路に出ます。3階玄関からは、外階段で道路に

出られます。3階の屋内階段から玄関までは8m程度の廊下で

つながっています。廊下の途中には扉はありません。

以上が建物の現状です。

防犯上の問題(屋内階段の2階防火扉までは従業員の通用路と

なっていることと、医院は休診日は無人であり不審者が入っても

気づかない可能性があること)から、屋内階段の2階から3階への

上り口に鍵付きの扉をつけたいと思います。直通階段が必要な建物と

理解していますが、居住区と医院を分けるために階段に扉を

設けることは認められないでしょうか?4階~屋内階段、3階の廊下を

経て外階段への通り道は直通階段の代わりにはなりませんか?

よろしくお願いします。≪fevecasa≫

A:法律で規定する直通階段は、

①階段の途中に扉がないこと、

②長い廊下を介すことがないこと、

③屋上を介して見通しがきかないことがないこと

が求められます。ですので、

この階段が【直通階段】ならば、2階から3階への登り口に扉を

設置することは出来ません。(鍵の有無に係わらず)

また、下記に該当しなければ、4階から屋内階段、3階の廊下を経て

外階段への通り道は直通階段の代わりにはなりません。

 まずは、

①3階建ての建物なので直通階段が必要【令117条・令120条】

②階段とその他の部分との防火戸は竪穴区画で必要【令112条9項】

③<質問も兼ねて>屋外(直通)階段は、4階にはないのでしょうか?

また、3階と4階の住宅は一戸建て(メゾネット)ですか?

それとも(住居内で行き来が出来ない)共同住宅でしょうか?

 2以上の直通階段【令122条】が必要ない場合は、4階までの屋外

階段を直通階段として、屋内階段(←直通階段としない)に扉を

設置することが可能となります。

また、一戸建ての住宅でしたら、メゾネット型共同住宅の特例

【令120条】を準用して、3階部分に扉を設置することは可能です。

他案ですが、通用口(常閉式防火戸なら1階階段出入口も可)の鍵を

ホテル錠等に変更すれば休日の防犯上の問題の一つ(不審者進入)は

扉設置より安価で解決します。

同様に、従業員が3階・4階に侵入できなくするのなら、

3階・4階の防火戸を常閉式のホテル錠等付に変更するのも1案です。

【避難階段】

今回は4階建て(地下無し)ですので、避難階段ではありません。

【令122条】 避難階段と直通階段は、異なります。

— posted by 建築KASHI(Y)O! at 12:19 am  

ひびが入った間知石擁壁の強度について

Q:間知石でできた擁壁について相談いたします。

購入を検討している土地は周囲に高低差があります。(3Mほど)

擁壁の目地に数カ所ヒビが入っており、場所によっては隙間から雑草が

生えてます。大きなヒビは上から下までつながってます。

敷地は宅地造成してから35年ほど経っております。

土地周辺の地盤は強固、敷地自体は役所で調べたところ、

切土造成です。

目地を補修し強度を保つことは可能でしょうか。

その場合は費用はどのくらいかかりますか。

またこういう症状がある場合、本来の強度を失っていますでしょうか。

教えていただきたく、よろしくお願いいたします。

<建築家紹介センター>

A:理想の家造りは進まれていらっしゃるでしょうか?

間地石について一般の建築家もコンサル業務として対応できますが、

土木コンサルタントや土木設計・構造設計を得意とする

建築エンジニアへの依頼が適当と思われます。

間地石のある敷地について長い間悩まれていらっしゃるので、

住宅の設計とは別に、敷地についての調査業務をご依頼なさって

みるのも一案だと思います。

— posted by 建築KASHI(Y)O! at 11:22 am  

温めて冷たい!...?

食事後、妻がアイスを食べたいというので、R-ソンに行った。

レジに2個のアイスを持っていくと、店員さんに、

『温めますか?』と言われて、妻と2人で『???、、、』。

妻は知らんプリを決め込んだ様だったので、

『結構です。』と言葉を濁し、会計を済ませた。

車中で『何と間違ったのか?』、『手に取ったのに、、』と言い合い、

フタを見ると、“あたためて出会うつめたさ”と書いてあった!

単に、世の中から取り残されていく中年カップルでした。

チャンチャン。

2011年から発売【ウチカフェフラッペ】

— posted by ヒロ☆カシオ at 12:00 pm  

このページのTOPに戻る