LINK ROOT > HOME > BLOG

ブログ / BLOG

[ カテゴリー » サッカー ]

MVP レーザービーム

遠藤の左顔にレーザービームが、遠藤から見て左斜めから当っている。

それは、ヨルダンのGKシャフィからも認識できることだ。

私は草サッカーのGKだが、高校時代はPK職人(GK)だった。

PKをセーブする為には、動物的な洞察力が要求される。

メッシのようにシュートポイントを変えるだけで左右に蹴り分けられる

キッカーでも、キックに入るまでのボールを置くまでの動作・癖をつかみ

または、動揺を与えることでセーブすることが可能であるのです。

(メッシPK成功率74%・20/27)

入って当たり前のPK(120km/h→33.3m/s⇒11mを0.33秒)で、

レーザーで左側を見たくない(見えない)、右足が利き足の遠藤が、

どちら側に蹴るか、、、こんなに高い確率は滅多に無い!

真のコロコロPKは禁止され、

(幼少時は逆にGKが蹴るまで動くと反則でしたし、禁止されたのは

遠藤選手がクラブ世界選手権で披露した後と例によって欧州至上主義も

漂います。GK視線ではコースよりタイミングを見極める方が難しい)、

蹴る前に、左側ゴール範囲を確認させて貰えず、決めれば同点の

(外せば流れも変わる)場面で、左側に蹴るキッカーは副うそういない。

これは、ヨルダン側から言えばMVPで、

日本側から言えば抗議⇒陳謝で済ませて終了ではないと思う。

— posted by サッカーッシオ at 11:00 pm  

VSラトビア戦、勝利!

1月の父親リーグ・SSカップも仕事で欠席しましたし、

そのSSカップは予選敗退(1勝1敗)だったらしいので、

久しぶりのサッカー・ネタです。

日本代表VSラトビア 3-0 でスコア的には圧勝です!

所感は、またいつか追記?します。

— posted by サッカーッシオ at 07:30 pm  

父親リーグ8回戦

VS吉野FC戦。

今日は朝から雨、しかも会場は星ヶ峯中央公園グラウンド(土・つち)

正直テンション下がります。寒いし、降格圏脱出したし、、、

しかも相手は2位の吉野FC、攻められるだろうなー?

いやいや、万事塞翁が馬。

時は冬、サッカーシーズン真っ最中!!

若手中心の吉野FCは登録選手がミドルの試合の為、7~8名しか

集まりませんでした。我がチームも若手は来れませんでしたが、

元々シニアやオーバー50が多いチームです。

今日はそれが幸いしました。皆、個の技術は高いのです。

前半3-0、後半5-1の8-1の快勝です。

数的優位を活かしたと言え\(^o^)/ 

個人的にも1点取られましたが、1対1のセーブもしたし、

枠内外の判断も冴えていたし、:)

ついでに、試合前に意外にも現在3位との朗報もありました。

通算成績:5勝2敗1引き分け・勝ち点16。

勝ち点16・・・日本代表だったら、ワールドカップ確定

— posted by サッカーッシオ at 10:41 pm  

父親リーグ7回戦

VS星ヶ峯FC戦。

相手は今年全勝のチームです。

40歳代は2人、あと9人は30歳代の若者達!

左膝の状態は良くなりつつありますが、チームの足を引っ張る可能性があったので私は今回までベンチ観戦にしました。

来月は出場できると思います。

試合は先月と違った意味で面白い好ゲームでした。

一進一退で好プレイ連続です。

ミドル弾で先制されましたが、前半ロスタイムで追いつきました。

後半立て続けに2得点して、残り1分で1点返されましたが3対2で

勝ちました!! \(^o^)/ ベンチは優勝したような騒ぎでした。

これで来年のAリーグ残留決定です!!!!!!!! 良かった

通算成績:4勝2敗1引き分け・勝ち点13。

— posted by サッカーッシオ at 05:33 pm  

父親リーグ6回戦

VS和田戦。

前半の給水タイムまでに‘あれよあれよ’と、若干37歳の相手俊足FWにハットトリックを許し0対3と一方的な試合内容。

先日の某会ボーリング大会で古傷の左膝を悪化させてしまった為、私は本日はベンチ観戦です。。。

けれど、我がチームも伊達に2年前にリーグ優勝したロートルチームではありません!

前半のうちに2点返し、流れはすっかりつかむ。

後半も立て続けに得点し、逆転・追加点で5対3。

その後またしてもハットトリックのFWに同じパターンで得点されるも流れを渡すことなく、その後も追加点を挙げ最終的には6対4でゲーム

セット。私達(チーム&観戦者)にとっては実に楽しい試合でした。

通算成績:3勝2敗1引き分け・勝ち点10。

— posted by サッカーッシオ at 04:34 pm  

このページのTOPに戻る